BIO

EN follows JP

Yukinari Iwata

バークリー音楽院認定スペシャリスト (音楽制作ソフトウェア Ableton Live) 

トラックメーカー、DJ、ベーシスト。House, Jazz, Soul等の楽曲制作、DJ、演奏活動を主体とする。

慶應義塾大学総合政策学部在学中、クラブジャズを主体としたプロダクションユニット FlatThree04年に結成。Sony Walkman WebstarAudition2で勝ち上がり、同年10月に「Fly – FlatThree restructure /M.O.K」を高宮永徹氏主宰Flower Recordsよりリリース。

慶應義塾大学政策メディア研究科在学中の05年、初オリジナル「Sky Is The Limit」が初作品ながら国内外の有名クラブミュージックアーティストDJ SpinnaAzymuthJazztronikLittle Big BeeKyoto Jazz Massive、福富幸宏、Reggae Disco Rockersや小西康陽などと名を並べた。

06年には日本新人映画監督賞及び新藤兼人賞を受賞した小林聖太郎監督初作品の音楽担当としてサウンドトラック全てを手がける。

07年、ジャズボーカリスト青木カレンの初アルバムで楽曲プロデューサーとして参加。アルバム内唯一のオリジナル曲「Butterfly」がBS asahiの音楽番組「Groovin’ Jazz Night」エンディングテーマとなる。

初のフルアルバム「Sky Is The Limit」を08年リリース。収録曲「Sesso Brillante」がロンドンの有名DJ Giles Petersonのプレイリストに加わるなど高い評価を受け、 097月には同曲を収録した「Sesso Brillante E.P.」をレコードでリリース。

09年には2ndアルバム「Rose en Bleu」をジェネオンユニバーサルエンタテイメントよりリリースし、メジャーデビュー。クラブジャズDJとして名高い須永辰緒や松岡matzz高廣(quasimode)などのコンピレーションアルバムにも楽曲が収録される。またリミックスとして、有名ジャズバンドPE’Z、DJ Juri、Ryo Kawahara等の作品もリリースし、高い評価を受けた。

DJとして、渋谷Organ Bar, Club Ball, 阿佐ヶ谷Cafe inなどのクラブで10年以上レギュラーDJとして活動。ハウスミュージックプロダクションチームSPECTA2010年に結成し、Deep Houseを中心に4つのシングルをリリース。2017年にはバークリー音楽院のオンラインコースを受講し、音楽制作ソフトウェア Ableton Liveのスペシャリストとして認定を受ける。

2018年、ソウルミュージックとラテンやジャズに、エレクトロニックを融合させたダンスミュージックを追求するユニット、Cruisicとしてバンド活動を開始。あのAzymuth “Jazz CArnival”を、大胆なアレンジでカバーし、いよいよCruisicとして初となるアナログ・シングルをリリースする。

 

Yukinari Iwata

Track maker, DJ and bassist, creates and performs mainly House, Jazz and Soul music. Certificated Ableton Live Specialist from Berklee Music.

As a member of a club oriented jazz unit FlatThree formed in 2003, Yukinari Iwata won through the Sony Webstar Audition. Starting with a remix album released from Flower Records in 2004, the group has released 2 original albums. The albums were well received domestically and overseas, Gilles Peterson added “Sesso Brillante” from their 1st album “Sky is the limit” to his playlist. As for artist produce, created songs for some female vocalists, and one of his songs from Karen Aoki was used for a TV program theme song and was well on aired thousands of times. As he has also had lots of experiences for remixing, one of the most famous Jazz band called PE’Z offered to him and used from lots of DJs.

As a DJ, Yukinari Iwata has held parties in Tokyo regularly for over 10 years, and has released 4 singles focusing on making deep house as a member of a house music production team SPECTA. In 2017, took trainings for digital music production and live performance of Ableton Live and got the certificate from Berklee Music as Ableton Live Specialist. 

From 2018 summer, he started a new electric/soul/latin/jazz music team called Cruisic which consists of two members, Yukinari Iwata on electronics and Ryusuke Kakizawa on drums and percussions. And the band will release a new vinyl, “Jazz Carnival” written by a brazilian fusion band, Azymuth in the end of Sep.