タグ別アーカイブ: universalmusic

中国ITにおけるUS音楽マーケットへの進出

Taylor Swift is among Universal Music Group’s artists.

8月上旬、テイラースイフト、レディーガガ、ビートルズなどの版権を抑えているuniversal musicの株のうち10%を中国ITのテンセントが取得するというアナウンスをしました。300億ドル=3兆円のうちの10%ですから3000億の投資、テンセントは4550億ドル=45.5兆円の企業価値ですから、彼らにとって0.66%程度の投資になります。

“Together with Tencent, Vivendi hopes to improve the promotion of UMG’s artists, with whom UMG has created the greatest catalogue of recordings and songs ever, as well as identify and promote new talents in new markets,” Vivendi said in a statement. “Vivendi hopes that this new strategic partnership could create value for both Tencent and UMG.”

ユニバーサル側として、過去アーティストのレコーディングカタログや新しいアーティストのプロモートを新しいマーケットにすることを期待していると書いています。

またそれとは別にテンセントミュージックのUS展開についても計画しているようです。

Separately, Tencent is planning to spin off its music arm, Tencent Music, China’s biggest music streaming business, and list it as a separate business in the US.

ちなみに昨年はグローバルの音楽市場で見たときに、過去20年よりも成長率が高く9.7%もマーケットが伸びたようです。

Last year global music revenues grew at their fastest rate in more than two decades. Worldwide, recorded music revenues surged 9.7% to $19.1bn (£14.6bn) in 2018, the fastest rate of growth since at least 1997 when the Oasis album Be Here Now topped the UK albums chart.

USアーティストの中国進出、中国アーティストのUS進出、人口規模を考えた時には当然中国人口の方が多いわけなので、ユニバーサルにとって非常に大きい話だと思います。7月に北京で20代の子たちとカラオケに行ったのですが、日本でいう80-90年代的な歌謡曲バラード的な曲を歌っていた印象があったので、今のUSポップやラップがより中国でのビルボードに乗っていくのでしょうか。中国における英語の利用率は1%以下の1000万人程度ですが、今後増えていくのは間違い無いでしょう。

一方日本の市場に目を向けてみると、2018年は3年ぶりに売上が3000億に戻ったようですが、10年前から比べると2割以上もマーケットは縮小している状況です。

国を代表するレベルのITやコンテンツホルダーが海外マーケットオポテュニティーを相互補完している模様は、当然国レベルで周辺ビジネスにも繋がってきますし、戦略的に非常に興味があります。

ちなみに日本の英語力指数は、中国と台湾に次いで世界で49位となっています。アニメ音楽周辺以外の曲がどうやって世界に行けるのか、国レベルでリーダーが、それが政治家であるべきかそれとも企業であるべきか、真剣に考えて行った方がいいと、改めて思う限りです。